言葉

昔はよくノートにいろんなことを書いたりしてた。



この道にいつかたどりつく、果てというものはあるのでしょうか?
あなたは今この道のどこを歩いているのですか?
私は、いつかあなたにおいつけるのでしょうか。
追いかけても追いかけてもみえるのは砂の山ばかりです。
さらさら風にふかれて飛んでいってしまう砂の山ばかりです。
あなたの足跡を探したのですが、みつかりませんでした。
せめて足跡ぐらい残してくれればいいのに...


一人旅が大好きな大学の先輩がいて、その人にあこがれ書いた気がする。

気はずかしいというより、これは誰が書いたの?って思う自分が不思議。
今同じ文章を書けといわれても書けないだろうなぁ。
[PR]
by katsu-vn | 2009-04-30 13:12 | other